いざという時は、79.5  ふだんも、79.5

災害時には、状況が刻々と変化します。

そのような状況下で、正確な情報を得るために。。。

 

ラジオは大きな役割を果たします。

東日本大震災発生後に実施された各種アンケート調査でも

地震発生直後の情報源としてラジオがよく利用された、という声が多いようです。

 

一関コミュニティFM FMasmoは、東日本大震災発生後の2012年4月に開局しました。

 

わたしたちは、地元に根差した情報をわかりやすく的確にお伝えします。

 

備蓄品も、防災グッズも、そしてラジオも。

災害時への備えで大切なことは「普段使い」しておくこと。

 

万一に備え、日頃から、

家庭のラジオやカーラジオの周波数

 

79.5メガヘルツ FMasmo

 

に合わせてくださるようお願いします。

 

なお、一関市では、FMasmoのみ受信できる専用ラジオを作成し、

事業所を含む市内全戸へ配布しています。

操作も簡便で受信感度も良い「FMasmo専用ラジオ」も

合わせてご活用ください。

「防災・災害関連情報」の発信について

災害時・緊急時など、FMasmoでは、下記の要領で情報をお伝えします。

こんな時は、「通常の放送のなかで」各関係機関発表の防災・災害関連情報を放送します

・火災が発生した場合

・地震が発生した場合(下記の基準による)

・気象警報が発表された場合

・公共交通機関の遅れや運休が発生した場合

・クマ等の危険動物の目撃情報があった場合

・このほか、警察署などからの要請に基づき、防災・防犯のため広く市民の協力が必要とされる場合

【放送イメージ】

♪警告音 (ピッピッ!ピッピッ!)

     「FMasmoから 〇〇の情報をお伝えします…」

 

【放送方法】

■月曜~金曜 6:00~21:00 / 土曜・日曜 8:00~17:00は、

 一関市大町の本社スタジオから放送。

 

■上記の時間以外は、スタッフが電話で機器を遠隔操作し、放送します。

 

 なお、事前に災害等が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

こんな時は、「通常の放送を中断・休止し」臨時災害番組として放送します

・著しい災害が発生した時

・一関市からの要請に基づき、市民の皆さんに、緊急にお知らせする事象が生じた場合

■月曜~金曜 6:00~21:00 / 土曜・日曜 8:00~17:00は、

 一関市大町の本社スタジオにスタッフが常勤しています。

 上記の時間は、速やかに、通常番組から臨時災害番組に切り替えます。

 

■上記の時間以外に、大きな地震等が発生した場合には、できるだけ速くスタッフ(一関地域の三関・赤荻在住)が

 本社スタジオに向かいます。到着するまでの間は、電話で機器を遠隔操作し対応します。

 スタッフが到着次第、本社スタジオからの放送を開始します。

 

※なお、事前に災害等が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

防災・災害関連情報の基準

地震情報の基準

■月曜~金曜 6:00~21:00 / 土曜・日曜 8:00~17:00

「一関市で震度1以上、東北地方で震度2以上、他地域で震度4以上」を観測した場合

 

■上記以外の時間帯は「一関市で震度3以上、東北地方を含む他地域で震度4以上」を観測した場合に

J-WAVE等の番組を中断し、できるだけはやく地震速報をお送りします。

 

ただし、これはあくまで基準です。

人の感じ方、地域性、直近の地震発生の履歴や、大雨等による地盤のゆるみ等の気象状況などを考慮し、

多くの場合、この基準以下の時にも対応しています。

 

津波関連情報の基準

太平洋沿岸に津波注意報・津波警報・大津波警報が発表された場合

通常の番組を中止し、関連情報を「特別番組体制」で放送します。

停電発生時について

東北電力一関営業所と、FMasmo、一関市との協議により、

停電発生時の住民への情報伝達については、FMあすもでは以下のとおりの流れで対応をしています。

 

一関市内において、

■2時間以上の停電(復旧の見通しが立たない場合も含む)が見込まれ、

■かつ50戸以上の停電が発生した場合

東北電力一関営業所よりFMあすもへ連絡が入ります。

 

FMasmoでは、情報が届き次第、速やかに情報をお伝えします。  

「一関市が全戸配布したFMasmo専用ラジオ」

FMasmoはFMラジオ局ですので、市販のラジオやカーラジオでお聴きいただけますが、

一関市では、FMasmoのみ受信できる専用ラジオを作成し、事業所を含む市内全戸へ配布しています。

操作も簡便で受信感度も良いラジオ。ぜひご活用ください。

 

※FMasmo専用ラジオは、一関市が作成し配布しているものです。

お問合せは市役所へ

一関市役所 市長公室広聴広報課


〒021-8501 岩手県一関市竹山町7-2

電話番号:0191-21-8182

FAX番号:0191-21-2164

電子メール:shiseijyoho@city.ichinoseki.iwate.jp

FMasmo専用ラジオの自動起動は「一関市」が行っています

この専用ラジオには、緊急時に信号を受信すると、自動で起動し、最大音量で放送が流れる機能が備わっています。

こんなとき、FMasmo専用ラジオの自動起動が行われます

FMasmo専用ラジオを自動起動させるための信号が発信されるのは、

市民の生命や身体に影響を及ぼす恐れがあると 一関市が判断した場合」です。

たとえば 河川の氾濫、堤防の決壊、土砂災害、大規模な火災、有毒ガス漏れなど、

避難指示を発するような事態の時に限られています。

さらに、一関市消防本部に設置されているJアラート(全国瞬時警報システム)が作動した場合に

自動起動信号が発信されることもあります。

 

FMasmo専用ラジオは、一関市が作成し配布しているものです。

これを自動起動させるための信号を発信する機械は、

一関市役所と、一関市消防本部に設置されており、

FMasmoの本社には設置されていません。

自動起動のタイミング・作動は一関市が判断し、行っています。

 

なお、地震の発生(規模による)、気象警報発令の際は、基本的に自動起動は行われません。

 

※自動起動が行われないときでも、

 FMasmoは特別な体制をとって情報提供をしていますので、

 スイッチを入れてお聴きください

 

 

このように放送します

【放送イメージ】

 

自動起動の信号(♪ピポピポピポという音)を受信すると

自動起動し、最大音量で放送が流れます。

  「こちらは、一関市消防本部です…(など、情報内容を伝えるアナウンス) 

 

アナウンス終了後、

自動起動終了の信号(♪ピポピポピポという音)を受信すると

もとの状態に戻ります。

 

 

【自動起動のあとは】

 

FMasmoは、平日6:00~21:00、土曜・日曜8:00~17:00は

一関市大町の本社スタジオにスタッフが常勤しています。

上記の時間は、自動起動終了後、速やかに、通常番組から臨時災害番組に切り替えます。

※なお、事前に自動起動信号の発信が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

 

ただし、上記の時間以外(J-WAVE放送中)に、自動起動が行われた場合、

終了後、しばらくJ-WAVEの放送が流れる場合があります。

できるだけ速くFMasmoからの放送を始めますが、

機器の立ち上げなど、準備が整うまで時間がかかる場合がありますのでご了承ください。 

ご家庭でのFMasmo専用ラジオの設置について

この専用ラジオには、上記のように、緊急時に信号を受信すると、自動で起動し、最大音量で放送が流れる機能が

備わっています。

信号を正しく受信するために、良好に電波が届く環境にラジオを設置してください。

一関市消防本部の情報発信ツールも、あわせてご活用ください。

一関市消防本部公式HP

 ・消防出動状況 ・休日夜間当番医情報 ・河川水位情報 ・道路通行止情報 など

災害情報電話サービス

電話番号「0180-991199

一関市消防本部では、火災など災害発生時にテレホンサービスを行っています。

火災などの災害発生情報をリアルタイムでお知らせします。

多数の人が同時に情報を聞く事ができ、話中はほとんど無く、広く利用ができます。

いちのせき防災メール

「いちのせき防災メール」では、火災・救助といった災害事案の発生情報(消防出場情報)を

メールでお知らせしています。

 

消防情報
一関市消防本部管内(一関市・平泉町)で発生する火災・救助事案等で、消防車両が出場する災害等の情報。
【情報区分】
火災:建物火災、林野火災、車両火災などの出場を指します。
救助:交通事故による救助、水難事故、屋内外での救助事故などを指します。
災害警戒:危険物の漏洩、風水害、煙の発生や火災報知設備の鳴動などに伴う各種調査、救急支援活動を指します。

 

※登録方法等の詳細については一関市消防本部HPをご参照下さい

FMasmo  SNS


↑公式各種更新中!

一関コミュニティFM株式会社

一関市大町4番29号

なのはなプラザ4F  

TEL: 0191-48-3651(代表) 

FAX: 0191-48-3652

お問い合わせはコチラから!