いざという時は、79.5  ふだんも、79.5

災害時には、状況が刻々と変化します。

そのような状況下で、正確な情報を得るために。

ラジオは大きな役割を果たします。

 

東日本大震災発生後に実施された各種アンケート調査でも

地震発生直後の情報源として、ラジオがよく利用されたという声が多いようです。

 

一関コミュニティFM FMあすもは、東日本大震災発生後の2012年4月に開局しました。

 

いざという時に有用な情報伝達手段である ラジオ。

わたしたちは、地元に根差した情報をわかりやすく的確にお伝えします。

 

備蓄品も、防災グッズも、そしてラジオも。

災害時への備えで大切なことは「普段使い」しておくこと。

 

万一に備え、日頃から、

家庭のラジオやカーラジオの周波数は

「79.5メガヘルツ FMあすも」に合わせてくださるようお願いします。

 

 

なお、一関市では、FMあすものみ受信できる専用ラジオを作成し、事業所を含む市内全戸へ配布しています。

操作も簡便で受信感度も良い「FMあすも専用ラジオ」も

合わせてご活用ください。

FMあすもの「防災・災害関連情報」の発信について

災害時・緊急時など、FMあすもでは、下記の要領で情報をお伝えします。

割り込み放送

こんな時は、通常の放送のなかで、各関係機関発表の防災関連情報をお知らせします

・火災が発生した場合

・地震が発生した場合

・気象警報が発表された場合

・公共交通機関の遅れや運休が発生した場合

・クマ等の危険動物の目撃情報があった場合

・このほか、警察署などからの要請に基づき、防災・防犯のため広く市民の協力が必要とされる場合

このように放送します

【放送イメージ】

♪警告音 (ピッピッ!ピッピッ!)

     「FMあすもから割り込み放送で、〇〇の情報をお伝えします…」


【放送方法】

平日6:30~21:00 土曜・日曜8:00~17:00は 一関市大町の本社スタジオから放送。

上記の時間以外は、スタッフが電話で機器を遠隔操作し、放送します。

 

 なお、事前に災害等が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

臨時災害番組

こんな時は、通常の放送を中断・休止し、防災・災害関連情報を放送します

・著しい災害が発生した時

・一関市からの要請に基づき、市民の皆さんに、緊急にお知らせする事象が生じた場合

このように放送します

FMあすもでは、平日6:30~21:00、土曜・日曜8:00~17:00は 一関市大町の本社スタジオにスタッフが常勤しています。

上記の時間は、速やかに、通常番組から臨時災害番組に切り替えます。

 

上記の時間以外に、大きな地震等が発生した場合には、できるだけ速くスタッフが本社スタジオに向かいます。

到着するまでの間は、電話で機器を遠隔操作し対応。

スタッフが到着次第、本社スタジオからの放送を開始します。

 

※なお、事前に災害等が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

停電発生時について

東北電力一関営業所と、FMあすも、一関市との協議により、

停電発生時の住民への情報伝達については、FMあすもでは以下のとおりの流れで対応をしています。


一関市内において、

■2時間以上の停電(復旧の見通しが立たない場合も含む)が見込まれ、

■かつ50戸以上の停電が発生した場合

東北電力一関営業所よりFMあすもへ連絡が入ります。


FMあすもでは、情報が届き次第、速やかに「割り込み放送」で情報をお伝えします。  

FMあすも専用ラジオ

FMあすもはラジオ局。市販のラジオやカーラジオで、79.5メガヘルツに合わせるとお聴きいただけます。

 

さらに、

一関市では、FMあすものみ受信できる専用ラジオを作成し、事業所を含む市内全戸へ配布しています。

操作も簡便で受信感度も良いラジオ。ぜひご活用ください。

一関市による、FMあすも専用ラジオの自動起動について

この専用ラジオには、緊急時に信号を受信すると、自動で起動し、最大音量で放送が流れる機能が備わっています。

こんなとき、FMあすも専用ラジオの自動起動が行われます

FMあすも専用ラジオを自動起動させるための信号が発信されるのは、

市民の生命や身体に影響を及ぼす恐れがあると 一関市が判断した場合」です。

たとえば 河川の氾濫、堤防の決壊、土砂災害、大規模な火災、有毒ガス漏れなど、

避難指示を発するような事態の時に限られています。

さらに、一関市消防本部に設置されている全国瞬時警報システムが作動した場合に

自動起動信号が発信されることもあります。

 

FMあすも専用ラジオは、一関市が作成し配布しているものです。

これを自動起動させるための信号を発信する機械は、

一関市役所と、一関市消防本部に設置されており、

FMあすもの本社には設置されていません。

自動起動のタイミング・作動は一関市が判断し、行っています。

 

なお、地震の発生(規模による)、気象警報発令の際は、基本的に自動起動は行われませんが、

その場合でも、FMあすもでは随時「割り込み放送」などで情報提供を行っています。 

 

 

このように放送します

【放送イメージ】

 

自動起動の信号(♪ピポピポピポという音)を受信すると

自動起動し、最大音量で放送が流れます。

  「こちらは、一関市消防本部です…(など、情報内容を伝えるアナウンス) 

 

アナウンス終了後、

自動起動終了の信号(♪ピポピポピポという音)を受信すると

もとの状態に戻ります。

 

 

【自動起動のあとは】

 

FMあすもは、平日6:30~21:00、土曜・日曜8:00~17:00は

一関市大町の本社スタジオにスタッフが常勤しています。

※なお、事前に自動起動信号の発信が予想される際には、本社スタジオにスタッフが待機しています。

上記の時間は、自動起動終了後、速やかに、通常番組から臨時災害番組に切り替えます。

 

ただし、上記の時間以外(J-WAVE放送中)に、自動起動が行われた場合、

終了後、しばらくJ-WAVEの放送が流れる場合があります。

できるだけ速くFMあすもからの放送を始めますが、

機器の立ち上げなど、準備が整うまで時間がかかる場合がありますのでご了承ください。 

ご家庭でのラジオの設置について

この専用ラジオには、上記のように、緊急時に信号を受信すると、自動で起動し、最大音量で放送が流れる機能が

備わっています。

信号を正しく受信するために、良好に電波が届く環境にラジオを設置してください。

ラジオを聞くための準備をしましょう。

1.電池入れのふたを開けて、単三型電池を4本入れてください。

2.付属のACアダプターのプラグをラジオ本体の外部電源端子に挿し込みます。

3.ACアダプターのプラグをコンセントに差します。

 

※普段は家庭用電源でラジオを聞くことができますが、非常時の停電に備えて乾電池を入れておきましょう。

 取扱説明書や聞くための準備など、くわしくは、下記PDFファイルをご覧ください。

 

ラジオ・レクオ取扱説明書
20120410-140809.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 583.1 KB
ラジオ放送を聴くための準備
20120410-140854.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 133.1 KB
ラジオ放送を聴く
20140626-115453.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 156.4 KB

専用ラジオの消費電力は、AC電源の場合、待機状態(電源スイッチオフ)で1カ月当たりの電気料金は約35円(契約電力により若干異なります)です。
また、乾電池での待ち受け可能時間は、新品のアルカリ電池で48時間以上(乾電池の種類によって若干異なります)です。

受信しづらい場合、おためしください。

感度を良くする方法①

送信所のアンテナは水平偏波のため、地面と平行に電波が飛んできます(反射波以外)のでアンテナを、水平に倒した状態で、左右に動かしてみてください。また、ラジオの設置場所を少し動かしてみたり、窓に近いほうや、高いところにおいてみてください。

感度を良くする方法②

アンテナに、本体に付属のACアダプターの線をアンテナに巻きつけてみてください、アンテナは伸ばしたり縮めたりしたり、方角を変えてみたりして最良点を調整してみてください。


感度を良くする方法③

アース代わりになるものをつないでみてください。

簡単な方法は、写真のように、使っていないイヤホンやヘッドホンなどを「アンテナ端子」に差し込んで、最良に聞こえるように動かしてください。

冷蔵庫や書庫や水道管など金属製のものに巻きつけると感度が上がると思います。(ガス管は極力避けてください)

ヘッドホンやイヤホンの先端から、アンテナの先端までの全長は約1.88m(79.5MHzの2分の1波長)になるように、アンテナ線に針金を足してみるとさらに感度が上がります。

(右の写真)アンテナの長さ:約94cm+アース側:約94cm=約1.88m


感度を良くする方法④

テレビのアンテナにつないでみましょう。最近は地デジに伴いVHFアンテナがなくなってきてますがUHFアンテナ(指向性が逆になる場合もある)でも感度が上がる場合があります。(BSアンテナ側ではありません)

このままでは、テレビが見られなくなりますので、テレビとラジオ両方で受信できるように2分配器をご購入ください。分配器は、お近くの電気店などにお尋ねください。


感度を良くする方法⑤

FMラジオ専用のアンテナを購入してつないでみる。 エレメント数(骨のような本数)に応じて感度が変わります。


配布ラジオのカタログへ

FMあすも専用ラジオカタログ
DPR-3.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 230.7 KB

お引っ越しの時には

住所を異動する際は、次のとおり手続きをしてください。

 

【転入した時】

市役所本庁または各支所で転入手続きをした際に、専用ラジオをお渡しします。

 

【市外へ転出する時】

世帯員全員が市外に転出する場合は、専用ラジオを返却してください。

 

【市内に転居する時】

緊急時に発信する起動信号情報は地域(旧市町村)ごとに設定しています。

市内であっても地域を越えて転居する場合は、その地域に合わせたラジオに交換する必要があります。

 

専用ラジオの受け取り、返却、交換などは、

一関市役所本庁市長公室広聴広報課、市民課または各支所市民課までお願いします。


FMあすも専用ラジオについてのお問合せは

一関市役所 市長公室広聴広報課


〒021-8501 岩手県一関市竹山町7-2

電話番号:0191-21-8182

FAX番号:0191-21-2164

電子メール:shiseijyoho@city.ichinoseki.iwate.jp

一関市消防本部の情報発信ツールも、あわせてご活用ください。

一関市消防本部公式HP

 ・消防出動状況 ・休日夜間当番医情報 ・河川水位情報 ・道路通行止情報 など

災害情報電話サービス

電話番号「0180-991199

一関市消防本部では、火災など災害発生時にテレホンサービスを行っています。

火災などの災害発生情報をリアルタイムでお知らせします。

多数の人が同時に情報を聞く事ができ、話中はほとんど無く、広く利用ができます。

いちのせき防災メール

「いちのせき防災メール」では、火災・救助といった災害事案の発生情報(消防出場情報)を

メールでお知らせしています。

 

消防情報
一関市消防本部管内(一関市・平泉町)で発生する火災・救助事案等で、消防車両が出場する災害等の情報。
【情報区分】
火災:建物火災、林野火災、車両火災などの出場を指します。
救助:交通事故による救助、水難事故、屋内外での救助事故などを指します。
災害警戒:危険物の漏洩、風水害、煙の発生や火災報知設備の鳴動などに伴う各種調査、救急支援活動を指します。

 

※登録方法等の詳細については一関市消防本部HPをご参照下さい

FMあすも ブログ&SNS


↑公式各種更新中!

広報いちのせき

広報いちのせき「I-Style」

一関の情報満載!

※「I-Style」は2014年度岩手県市町村広報コンクール広報紙の部で1位を獲得しました。

 

◆好評配信中◆

一関コミュニティFM株式会社

一関市大町4番29号

なのはなプラザ4F  

TEL: 0191-48-3651(代表) 

FAX: 0191-48-3652

お問い合わせはコチラから!